CCI FRANCE JAPON

150 !

在日フランス商工会議所  | 

本誌フランス・ジャポン・エコー(FJE)は創刊150号を迎えます。1978年から現在に至るまでFJEは、日仏経済界の情勢を取り上げてきました。FJEの哲学は、簡潔に表現するなら、会員について語るのではなく、会員の経験を通して日本について語ることです。会員企業の業績ももちろん記事にするが、とりわけ日本について語り、「現場で」獲得した知識を共有し、私たちフランス人のコミュニティがこの国で理解を深めながら、働けるよう支援する誌面づくりをしています。本誌が、日本への関心に二の足を踏むフランスの起業家に前向きな動機付けになってくれることを期待しています。日本語版では、日本人の方々が自分たちの国を見直す新たな光となることもあると思います。

ビジネスの世界では、人と人との一時的な関係が、目には見えない効果を生み出すことがあります。在日フランス商工会議所では、毎年そのような関係を最も重視しています。四半期ごとに雑誌を印刷・発行し配布することは、紙媒体での発行が避けられる今日において、ひとつの挑戦です。しかし、日本で約39年間、私たちが実際に足跡を残すことができたことが示すように、有意義な挑戦です。この「年代記」となる雑誌がなかったら、私たちの過去ははるかに漠然としたものになっていたでしょうし、はるかに不透明な未来が待っていたでしょう。

日本・フランスの間の「両岸に架ける橋」として、本誌は今までになく必要とされています。地理的に距離があっても、両国の関係は密接です。フランス・ジャポン・エコーがこれからも末永く二国間の情勢を追い続けていくことができるよう願っています。

ベルナール・デルマス
在日フランス商工会議所 会頭

FJE-150