CCI FRANCE JAPON

ル・コルドン・ブルー日本校が日本料理講座を開設

ル・コルドン・ブルー

企業トピックス  | 

創立120年以上の歴史を誇るフランスの料理学校ル・コルドン・ブルーは2017年秋、日本料理に対するあらゆる関心の世界的な高まりを受け、日本校にて日本料理講座を開設した。4課程からなる6か月間のコースで、受講者は日本料理の技術と知識を学ぶことができる。

料理を通じて日本文化を学ぶ

日本料理講座のプログラムは、料理実習や日本文化理解のための体験学習(茶道や生け花)、また地域の業界視察(ビール醸造所や陶器窯元)などが盛り込まれている。日本語で行われ、英語の逐次通訳がつくため外国人も受講可能だ。基礎から上級の4コースにわかれており、初心者でも受講できる。包丁の使い方などの料理技術や、様々な調理方法を学ぶほか、旬の食材を組み合わせることの重要性など、料理の背景にある日本の精神についても学ぶ。全課程修了者にはル・コルドン・ブルーのディプロムと、農林水産省が制定した「海外における日本料理の調理技能」の認定証が授与される。この2つのディプロムにより、卒業生は日本国内でも海外でも料理業界の信頼と評価を得ることができる。

日本におけるル・コルドン・ブルー

ル・コルドン・ブルーは、料理やワイン、マネジメント、ホスピタリティを学ぶための各種プログラムとディプロムを提供している。国際的な料理教育機関として現在世界中で展開しており、その数は20か国・35校以上にわたる。日本では現在、1991年設立の東京校と、2004年設立の神戸校の2つのキャンパスがある。フランス料理芸術に敏感な日本人に人気の高い、フランス料理、菓子、パンなどの受講証明書やディプロムが取得できる。日本校キャンパスでは、フランス人シェフとともに日本人シェフもプログラムの講師を務める。

詳しいお問い合わせ・お申込み:https://www.cordonbleu.edu/tokyo/japanesecuisine/en

この記事の翻訳は、以下の企業の協力で行われています。
有限会社プリモ
翻訳・通訳(仏、英、露、中、韓、西、他)、仏語教室、フランス語通訳者、翻訳者養成講座、一般労働者派遣及び紹介、フランス大使館認定法定翻訳をおこなう。
HP : www.primots.com/、連絡先:information (at) primots.com (日本語・フランス語)